毛生え薬として効果的な飲み薬は?

夏が近くなると、薄毛を気にする人が増えてきます。今や、様々な育毛剤が出回っており、その効果も様々です。中には従来の育毛剤に加えて、飲み薬を考えている人も多いのではないでしょうか?いわゆる飲む毛生え薬の効果として挙げられるのは、体の内側から栄養を届ける事で発毛の効果をより高いものとすることです。日本で認可されている毛生え薬として、プロペシアとザガーロがあります。プロペシアは、前頭部、頭頂部から進行する薄毛、いわゆるAGA治療薬で主成分のフィナステリドが脱毛の原因となる酵素の働きを防ぐことで、薄毛が進行するのをブロックします。この酵素には1型と2型があり、プロペシアは2型に対して効果を発揮します。一方、ザガーロの主成分をデュタスリドと言い、これも同じように酵素の働きを阻害することで、薄毛の進行を防ぐ働きがあります。プロペシアが2型に有効なのに対しザガーロは後頭部、側頭部に多く存在する1型の両方に効果があると言われています。外用の育毛剤と組み合わせることで体の内側からもケア出来るのが大きな魅力です。しかし、いくつかの副作用も認められています。薬だけでなく日常の生活を改善することが大切です。薬だけに頼らないことが大事です。
毛生え薬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です