痛みをほとんど感じないケノン

脱毛というと強い痛みを伴うのが一般的です。あまりにも痛みが強いと途中で断念せざるを得ないこともありますので、刺激の少ない方法を求めて色々と試している人も多いようです。
家庭用脱毛器の中では、IPLと呼ばれる光を照射するタイプのケノンが優しい作りになっています。日本人女性の肌に合わせて作られていますので、痛みや肌への負担はほとんどありません。ですから、他の方法で断念した人でも問題なく処理できる可能性が高くなります。
ケノンで処理をする場合、もっとも強い刺激を感じるのは一番最初の時です。それでも一般的な脱毛法と比べるとずい分ソフトな方法ですので過度な心配は無用です。パーツ毎に感じる刺激は異なりますので、どこのパーツを処理するの科でも違ってきます。一般的に皮膚の柔らかな場所は刺激を受けやすい傾向にありますので顔やお腹などは足や腕と比べると痛いと感じることが多くなります。レーザー照射を行うタイプを試したことのある人の中にはデリケートな部位に対しての処理が行えなかったという人もいますが、ケノンなら痛みが非常に小さいので我慢できないレベルではありません。肌にも優しいので、敏感肌の人にもお勧めの機種です。

ケノンは効果なし?